· 

ホームインスペクション①

北九州市小倉北区の建築多能工集団ユニールテクニカ株式会社の宮本です.

今日はホームインスペクションについてご紹介します.

 

ホームインスペクションとは…

 

ホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見きわめ、アドバイスを行なう専門業務を指します 」(日本ホームインスペクターズ協会 HPより)

 

…ということです.(説明が難しいので引用しました)

 

非常に簡単に言うと「住宅診断」ですね.健康診断の住宅バージョンという認識でいいと思います.

人間の健康診断は年に1回くらいは受けたいところ.

住宅診断は「中古住宅を取得する時」または「中古住宅を売買する時」に受けておくといいと思います.

 

当社は北九州市でリフォーム・リノベーション・店舗改装・ビルの大規模改修と幅広く工事を手掛けておりますが,じつはホームインスペクション業務も承っております.というのもリフォーム・リノベーションの工事ではまず対象となる物件の調査から始めます.小さな修理や補修工事もまず不具合の原因調査から始めます.つまり私たちは日常的にホームインスペクションのようなことを行っているのです.そこでせっかく日常的にやっていて,しかもとても得意な「診断」「調査」という業務を1つの独立した業務として育てたいと思いました.そこでホームインスペクションに関する資格を2つ取得しました.

 

ホームインスペクター資格試験合格証書

 

NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会が主催する民間資格です.

国家資格ではありません.

既存住宅状況調査技術者講習修了証明書

 

こちらは一般社団法人日本建築士協会連合会が主催する技能講習で,建築士の資格を持っていることが技能講習の前提になります.そういう意味ではこちらの資格の方が権威があるかもしれません.

 

ホームインスペクションはまだまだ始まったばかりの領域で,今後成長する分野だと考えています.

それゆえに現段階では,どの資格が今後のメインストリームになるかわかりません.

なので2つ資格取得しているわけですが.

 

とはいえ,本質としては中古住宅の状況を正しく診断して,いいところも悪いところもわかったうえで住宅の売買がなされることを目的としているわけです.私たちが日ごろ頑張っている調査・診断の業務で得た経験値を活かしていい診断ができれば,時代の流れに左右されることも少ないと思っています.

 

日々是精進ですね.次回はホームインスペクションのもっと具体的な内容についてお知らせしていきたいと思います.

 

続きはこちら→ホームインスペクション②

 

最後まで読んでくださってありがとうございました<(_ _)>

 

>多能工・内製化

>トータルケア

>空き物件再生

>会社概要

>事業領域

>仕事の流れ

>DIYと施主支給

>対応エリア

>修理と交換

>マンション修繕・改修