· 

スチール間仕切り造作

蝉の合唱がピークのようですね(*´▽`*)

暑さに磨きがかかっているように感じますw

UnirTechnica株式会社のとーるです♬おはようございます。

 

弊社は、飲食店やマンション・戸建てのリノベーションを

得意としておりましてリフォームとは異なり室内に入った時などの

雰囲気なども重視して工事をしております。

 

前途でもブログ投稿させて頂きました

川人百味(チュワン.レン.バイ.ウェイ)の

特注工事についてご紹介いたします☆

 

 

↓↓↓↓まずは図面から↓↓↓↓

弊社の宮本が引いた図面を実際に制作していきます。

 

ここからがかなり大変なのですが

スチールのフラットバー(鉄板)で

図面のようなイメージで造作するのですが

実際には図面と現場実寸に必ず誤差が生じるのです・・・((+_+))

 

今回の間仕切造作は正方形で構成しないと高さも幅も変わります。

正方形で造作となるとそれぞれの壁の寸法が決まってしまうなどという

とてもとてもややっこしいことになるので造作開始に至るまでの

現場打ち合わせの内容は割愛しますwww

 

 

↓↓↓↓まずは完成写真から↓↓↓↓

図面と写真でみるとすんなり工事できたように見えますが

フラットバー(鉄板)でそれぞれのパーツを造り溶接しており

かなりの工程を経て完成となります。

 

 

↓↓↓↓まずはフラットバー(鉄板)を加工↓↓↓↓

 

それぞれのパーツを切断したり

曲げ加工を施したり(/・ω・)/

 

 

↓↓↓↓同じものを量産するために冶具を造り↓↓↓↓

固定し溶接。

固定し溶接。。

固定し溶接。。。

 

 

↓↓↓↓ちょっとずつ形が見えてきましたw↓↓↓↓

 

これらを大量に造ったあとは。

 

 

↓↓↓↓並べてみてイメージ確認↓↓↓↓

これだけのフラットバーを溶接するので

溶接による引っ張りや.歪などなるべく出ないように造作していきます。

 

 

↓↓↓↓取付作業↓↓↓↓

総重量80kg程あります( ゚Д゚)ナント!!

 

このように

それぞれの工程があって

初めて造作品が完成致します。

 

既製品などで工事するより

時間も費用もかかりますが雰囲気は

かなりおしゃれになります。

 

川人百味は

近日オープンですのでまたご紹介させて頂きます。

>多能工・内製化

>トータルケア

>空き物件再生

>会社概要

>事業領域

>仕事の流れ

>DIYと施主支給

>対応エリア

>修理と交換

>マンション修繕・改修