· 

DIYについての当社のスタンス

北九州市小倉北区の建築多能工集団ユニールテクニカの宮本です.

前回は施主支給についての当社のスタンスについてブログをアップしたところ,主にプロの方々からの反応がありました.

みんな同じこと課題と思ってるんだなーと僕もまた考えさせられました.

 

今日は施主支給からさらに一歩踏み込んだ施主様のDIYについての考えを書きます.

ここでテーマとするDIYというのは施主様が完全に単独で行うDIYではなくて,私たちプロに依頼する工事と一部施主様がDIYで施工する箇所が混在する場合についてです.

 

ユニールテクニカは,DIYを楽しむ目的であれば,施主様のDIY歓迎しております.

その理由はDIY自体は大変ではありますが,やってみることでいろんな気づきがあったり,ご自分の住宅に関心が深まったり,家族の思い出になったり…いろいろな得るものがあると思うからです.

 

以前もそのようなDIYの成功例がありました.

小倉南区T様邸リノベーションではリビングの天井や壁はT様ご自身による珪藻土塗り(ローラー施工)で仕上がっています.

T様からDIYをしたいと要望があったとき「有料の講師派遣」をご提案しました.

取引先の塗装業者さんに講師を依頼し,珪藻土塗りのレクチャーをしながら,半日は一緒にマスキングやパテ処理などコツをつかむのが難しい作業をT様と一緒にやってもらいました.

材料の選定や消耗品の買い出しリスト作成については僕が事前に相談に乗りました.これも有料です.

脚立やローラーなどの貸し出しはしていません.T様ご自身で準備していただきました.

 

T様ご自身も忙しい仕事の合間を縫って一生懸命取り組まれて,さらにプロのレクチャーもあって大変良い仕上がりとなりました.T様も喜んでいただいて大成功のDIYでした.その後もT様はご自身で収納棚などを造作したりDIYを楽しまれています.

 

これは本当にすばらしい成功例ですが,残念ながらあまりうまくいかなかった例もあります.

それはコストダウンのためにDIYをするというものです.これはユニールテクニカではお勧めしておりません.

 

DIYはコストダウンにはなりません…

 

脚立,電動工具,投光器などを必要なものを買っていくと結構な金額になります.

「(無料で)貸してください」という方もいらっしゃいますが丁重にお断りしております.貸している間僕たちが仕事ができなくなってしまうからです.

さらに「(無料で)やり方を教えてください」という方もいらっしゃいますが丁重にお断りしております.教えている間僕たちが仕事ができなくなってしまうからです.

 

ですから「有料の講師派遣」や「有料の相談」なのです.

例えば,飲食店に行って「(無料で)ガスレンジを貸してください.自分で料理しますから.」とか「(無料で)レシピを教えてください.自分で作りますから.」という人はいないと思います.←これはつまみ出されるレベル.これと同じです.

 

Do It Yourself なのですから,事前の段取りも,施工も,廃材の処分も自分でやらなければなりません.

だから大変だし,大変だから得るものがあるのだと思います.

施主支給以上にDIYには責任があります.責任を果たすから達成感があるのだと思います.

大変すぎて,あるいはハードル高すぎて自分ですべてやるのは無理な場合は有料でプロに手助けをしてもらうとうまくいきます.

 

みなさまに素敵なDIY体験をしていただいて建築に興味を持たれる方が少しでも増えてもらいたいと思います.

 

最後に一つ!

TVで芸能人のDIYが多いですよね.すごくうまくいってる風に見せてますけど,段取りあっての施工です.実際に採寸して,図面を引いて,材料を選定して,手配したり買いに行ったりしてすべてお膳立てが整ったところで芸能人登場なわけです.一番大事なところ何にも写ってないです.(画にならないから当然ですけど)それで材料費だけバーンと映して安いでしょ!っていうオチはひどすぎると思います.材料が自分で空飛んで現場に着陸するわけじゃないからね!段取りにどれだけ技術と労力かかってると思ってるの!と縁の下の力持ちは96ptくらいのフォントで言いたいです!

 

それではまた~.

 

>多能工・内製化

>トータルケア

>空き物件再生

>会社概要

>事業領域

>対応エリア

>仕事の流れ

>DIYと施主支給

>対応エリア

>修理と交換

>マンション修繕・改修